音楽

耳から取り入れるアイディアの種

2021年2月10日

広告

こんにちは、Noraです(^^)/

最近、「クリエイターにとって音楽を聴くことは、耳からアイディアを取り入れてることにもなるのかも!」と突然気がつきました。

私は特にジャンルやアーティストにこだわることなく音楽を聴くことが多いのですが、何気なく聴いていると、

「あ、この曲ってこんな風景に合いそうだな」とか「この曲に合う絵描いてみたい!」と思うことがあったり、
歌詞のワンフレーズに共感しつつ場面を思い浮かべて絵に描いてみたりすることを、子どもの頃からわりとやっていました。

そういう意味では音楽は耳からアイディアの種を取り込んでいるような気がするのです。

というわけで(?)、今日は私の好きな音楽兼曲を聴いて「こんなふうに表現してみたい!」というのを3つご紹介したいと思います。

AAA 「風に薫る夏の記憶」

男女混合パフォーマンスグループAAA(現在は活動休止中)の、夏をテーマにしたバラード曲です。
YouTubeで公式サイトのMVを観て、MVと曲の両方に惚れてしまいました。

「10年後の夏の記憶 刻みたい 君とsummer days」

AAA 「風に薫る夏の記憶」より 引用

一見矛盾しているような歌詞ですが、「今もこの先も、ずっと君と一緒にいたい」という思いが詰まっている気がして、切なくなってきますね。

夏は人生で言うと、青春の時期に例えられることが多いですが、
この曲は歌詞、MVともにまさに青春の1ページ、ひと夏の思い出を見事に表現しています。

「切なかったけどいい思い出だった」
「振り返ると人生の中でも大切な1ページだった」

というテーマで絵を描いてみたいです。

MACO 「ありがとう」

シンガーソングライターのMACOさんが、病気で亡くなったお友達に向けて作った歌です。

死や別れをテーマにしているので、悲しみが溢れる歌詞ですが
同時に「私と出会ってくれてありがとう」という感謝も感じさせてくれます。

私も大好きな祖母が亡くなった時にずっとこの曲を聴いていました。

「あなたに伝えたいことが まだ山ほどあるのに どこ行っちゃったの?ねえ
 どんなに月日が経っても心は繋がっているから 忘れないでね」

MACO 「ありがとう」より 引用

「別れは必ずやってくる。その時の後悔を少しでも小さくするために、家族や友人、好きな人にしてあげられることを探そう」

暗い中にあっても、小さな希望を感じさせる絵を描きたいです。

大黒摩季 「あぁ」

「姐さん」という言葉が似合いそうなシンガーソングライター大黒摩季さんの、
夢に向かって諦めない気持ちを奮い立たせてくれる曲です。

率直な歌詞がとてもかっこいい!

実はこの曲との出合いは偶然にも、「もう一度絵を描きたい!」と思い立っていた時期と重なりました。

そのせいかこの曲を聴くと、私を絵の世界に引き戻してくれた漫画家さんのことが自然と頭によぎり、「私も、好きな気持ちを貫いてみたい!」と思うのです。

「あぁ 君のように貫いてみたい どんなに遠回りしても迷わない君のように」

大黒摩季 「あぁ」より 引用

夢に向かって歩く道には、超えられないと思うような壁がいくつも現れる。
それでも前を向いて歩いていれば、きっとその先には本当の喜びがある。

そんな「前向きな気持ちなれる絵」を描いてみたいです!

以上が、私の好きな音楽兼アイディアの種紹介でした!

まだまだ紹介しきれていない音楽がたくさんあるので、これからも随時更新していきたいと思います。

そしてもし記事を読んで「絵にしてみたよ~!」という方がいらっしゃったら、ぜひ作品を見せてください!

それでは、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

© 2022 Noraのお絵描き☆ブログ I Love Art♥ Powered by AFFINGER5