画材

アナログ絵描きの方におすすめ!「卓上クリーナー」レビュー

2021年4月19日

広告

こんにちは、Noraです(^^)/

今日は私がお絵描きするうえで愛用している道具のひとつ「卓上クリーナー」についてレビューしていきたいと思います。

アナログでお絵描きしている方にはもちろん、鉛筆、シャープペンで書き物をしている時に、必ずといっていいほど出てきてしまう「消しカス」のストレスが激減すること間違いなしです!

「消しカス」問題解消お道具

アナログで絵を描くと「消しゴムのカス」って地味にストレスになりませんか?

下描きをしてペン入れして、いらない線を消すために消しゴムをかけるわけですが、
これがけっこう体力のいる作業で、特に毎回「消しカス」について悩んでいました。

下絵がきれいになっていく瞬間はとっても気持ちが良いのですが、
その後の大量の消しカスを見ると、なぜかテンションが下がります…。

私は手への負担を減らすのも兼ねて手袋をして絵を描いているんですが、
毎回消しカスを手で集めてゴミ箱に捨てる時に、手袋にちまちまっとカスがついてしまうのが地味なストレスになっていました。

100均で売っているミニ箒とちりとりを使っていたこともありましたが、
もっと何かいい方法ないかなーと悩んでいた時に卓上クリーナーの存在を知ったのです。

YouTubeでいろいろな絵描きさんの作品や使っている画材などを見ていた時、
アナログ絵描き何人かの方が卓上クリーナーを使っているのを目にし、私も使ってみようと思ってAmazonで購入しました。

卓上クリーナー レビュー画像

こちらが卓上クリーナーです。
(上から見た画像)。

アイボリーと黄緑の色合いが可愛い。

裏はこんなかんじ。

掃除機みたいな感じになっています。
正直初めて見た時はちょっとぞわっとしました(笑)。

大人の手で覆えるくらいの大きさ。けっこうサイズ感あります。

でも場所は取らないし、見た目も可愛いのでインテリアっぽく置けるのもいいです。

単三電池2本を装着して使います。

大量の消しカスも
(※撮り方に慣れてないので映像ブレブレです!ご了承ください)

https://twitter.com/Nora_Bloom5/status/1383941608874287107?s=20

このとおりきれいに吸い取ってくれます!

消しカスを吸い取った後に紙を触ってみると、ちょっと吸い残しがあるかな?っていう時がありますが、さっと手で払えば気にならなくなります。

毎回手で集めてはゴミ箱に捨てるという作業が、クリーナーが一瞬で吸い取ってくれるおかげでずいぶん楽になりました!

消しカスがたまったら蓋をはずしてゴミ箱へポイ!
やさしく叩きながら払うときれいに取れます。(※あくまでやさしくです!)

なるべくゴミはためずにこまめに捨ててあげた方が、吸引力が落ちません。

ちょこっと注意点

絵以外にも、たとえば手紙や何かの書類を書き終わって机まわりを片付ける時に、
さっとクリーナーをかければ掃除がサクッと済みます。

ただし髪の毛や動物の毛、糸くずを吸い込むと故障の原因にもなるので、
あくまで「消しカスを吸い取るもの」だという前提で使うのが良いです。

あと音がそれなりにするので、図書館などの公共の場で使うのは他の方に迷惑になってしまうので避けた方がいいかと思います。

授業中に使うのものあまりおすすめできないですね。悪目立ちしてしまいそう。
お家で個人的に使うのが良いかと思います。

卓上クリーナーは必ずしも持っていなくてはいけない!というわけではありませんが、
アナログで絵を描く方にはとても便利だと思うのでおすすめです。

気になった方はぜひチェックしてみて下さい!

それでは、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

© 2022 Noraのお絵描き☆ブログ I Love Art♥ Powered by AFFINGER5