好きな絵描きさん

島田ゆかさん 遊び心満載の世界で楽しませてくれる絵本作家

2021年1月20日

広告

こんにちは、Noraです(^^)/

今日は私の好きな絵本作家さんについて語っていこうと思います。

今回は「島田ゆか」さん。

キャラクター達が繰り広げる愉快で楽しいお話、外国のアニメを思わせるような絵柄と色で、1ページ1ページ細かいところまで遊び心満載の緻密な絵を描かれる絵本作家さんです。
(※あくまで、私が島田さんの絵本を見て抱いた印象です)

主な代表作に

  • 「バムとケロ」シリーズ
  • 「ガラゴ」シリーズ
  • 「ぶーちゃんとおにいちゃん」

があります。

特にバムとケロシリーズは、1994年に最初の絵本「バムとケロのにちようび」が刊行されて以来25年以上もの間、
子どもから大人まで夢中にさせているロングセラー絵本です。

本屋さんや図書館に行くと必ず絵本コーナーに置いてあるので、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

カエル嫌いの私が、カエルを好きに!?

私が島田さんの絵本を知ったきっかけは、大学生の頃。

図書館で本を読んでいた時に、絵本作家さんをまとめて紹介した本がありました。

最初は「大好きな酒井駒子さんの記事が載ってる!読まなきゃ!」と思い、酒井さんのページを読んでいたのですが、

その後パラパラとめくった時に島田さんのページを見つけ、そこに載っていたケロちゃんの絵の可愛さに打ちぬかれたのです。

 酒井駒子さんについての記事はこちら。 
 ☆酒井駒子さん 黒を愛らしさに変貌させる絵本作家

それまで私はアニメや漫画でもカエルに対してあまりいいイメージがなかったんですが、島田さんが描くケロちゃんを見たことで払拭されました。

島田さんのケロちゃんにひとめぼれしてしまった私は、すぐに「バムとケロ」シリーズの絵本を探して読み始め、その後「ガラゴ」シリーズと「ぶーちゃんとおにいちゃん」の絵本も読みました。

そうしたら、もうすっかり島田ゆかワールドの虜になってしまったのです。

見た人を虜にしてしまう!「島田ゆかワールド」

島田さんの絵本の特徴のひとつは、
「どの絵本の、どのページにも、作者の遊び心が溢れている」ことです。

緻密で丁寧な絵、どこに売っているのか知りたくなるおもちゃたち、キャラクターが繰り広げるクスっと笑ってしまうエピソードもさることながら、
ページの隅々まで楽しめるのが、島田さんの絵本の魅力のひとつです。

絵本を開くたびに、

「あれ?ここにあのキャラクターが隠れてた!」
「このおもちゃ、あの絵本にもあった!」
「ん?この形はもしかして…?」

と次々に新しい発見があり、一度読んだだけでは発見しきれない、島田さんの楽しい遊び心や仕掛けが盛りだくさん!
だから、何度も読みたくなってしまうのです。

そして、島田さんの絵本を全部通して読んでいくと、「もしかして、島田ゆかワールドは全部繋がっているのかな…?」と、また新たな発見があり、さらにわくわくします。

何度読んでも飽きないのも魅力的です。

個人的に島田さんの絵本は、大勢の子どもに読み聞かせするというより、
親子で一緒に読んで楽しんだり、一人で読んで楽しむのに向いている絵本だと思います。

ひとりで読んでも楽しめるのはもちろんのこと、親子や兄弟で一緒に読むことで、島田ゆかワールドをさらに楽しむことができるのではないかと思います。

島田ゆかさんの絵本をご紹介!創作秘話が載っている雑誌も。

ではここで、島田ゆかさんの代表作である絵本を簡単にご紹介したいと思います。

「バムとケロ」シリーズ

島田ゆかワールドの出発点であるバムとケロ。

優しくて面倒見がいい料理上手なバムと、自由奔放で食いしん坊のケロちゃんが織りなす愉快で楽しいお話シリーズです。

2021年現在では、こちらの5冊が刊行されています。

バムとケロのにちようび

バムとケロのそらのたび

バムとケロのさむいあさ

バムとケロのおかいもの

バムとケロのもりのこや

(すべて、作者:島田ゆか 出版社:ぶんけい)

私が特に好きなのは、「バムとケロのおかいもの」です。

実は私がバムとケロシリーズに出合った最初の絵本がこちらでした。

この絵本は特に、ケロちゃんの可愛いしぐさや表情が満載なのと、
最後のページで「ああ~!これ欲しい!!」と思わせる結末が最高です!

「ガラゴ」シリーズ

こちらはかばん売りのガラゴが主人公の絵本。

1997年と2002年に刊行され、こちらも20年以上愛され続けているロングセラーです。

かばんを売りながら旅する中で、いろいろなお客さんに出会い
それぞれに合ったかばんを売っていく「かばんうりのガラゴ」と、

寒い季節になり、うちに帰ったガラゴが大好きなお風呂を沸かしていると、
次々と友達が訪ねてくる「うちにかえったガラゴ」の2冊があります。

(すべて、作者:島田ゆか 出版社:ぶんけい)

バムとケロシリーズは、バムが語りかけてくるような感じでお話を読めますが、
ガラゴシリーズは第3者がお話を語っているような感じで、とても読みやすい文章です。

どちらの絵本も、ガラゴのくるくる変わる表情やしぐさが愛らしくて好き。

次はどんなお客さんが来るんだろう…?と、先の展開が気になってわくわくしてきます。

そしてもちろん、こちらのシリーズでも島田さんの遊び心が満載です。

「ぶーちゃんとおにいちゃん」

こちらは2004年に刊行された、雑誌MOEから生まれた絵本です。

お兄ちゃんのことが大好きで、なんでもお兄ちゃんの真似をしたがるぶーちゃんと、
そんな弟がうっとおしくて、つい邪険にしてしまうお兄ちゃん。

でも、なんだかんだ2人は仲良し兄弟なのでした。

(作者:島田ゆか 出版社:白泉社)

まさに、兄弟あるある!のお話です。

私も兄がいる身なので、ぶーちゃんの行動や気持ちは痛いくらい共感しました(笑)。
大抵邪険にされるところも同じ。
そして何か弱みを握ったりすると、途端に優しくしてくるんですよね…。

でも大人になった今では、ちょっとお兄ちゃんに同情するところもあるかな(笑)。

以上が、島田さんの絵本のご紹介でした。
気になった方はぜひ、本屋さんや図書館で手に取ってみてください。

月刊「MOE」で島田さんの創作秘話が読めます!

島田さんの創作過程を知りたい方には、こちらの月刊絵本雑誌「MOE」(出版社:白泉社)がおすすめです。

月刊MOE 2009年1月号

月刊MOE2011年5月号

月刊2014年4月号

これらの雑誌には島田さんの創作秘話からアトリエ、島田さんが憧れるフィンランドの絵本作家、ユリア・ヴォリさんとの対談が収録されており、絵本と同様に購入してから今まで何度も読んできました。

特に2014年4月号では、なんと酒井駒子さんと島田さんの対談も収録されていて、買わずにはいられませんでした。

雑誌のバックナンバーを取り扱っている書店や、ネット通販、白泉社にお問い合わせをして購入することもできるようなので、
島田さんのことをもっと知りたいと思った方は、ぜひ一度読んでみてください。

それでは、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

© 2022 Noraのお絵描き☆ブログ I Love Art♥ Powered by AFFINGER5